亜東印画輯 第11冊 [180–197回]

アイテム
タイトル
亜東印画輯 第11冊 [180–197回]
資源識別子/Identifier
324c5582-6fa8-f2a7-ee18-549b37960223
請求記号/CallMark
JXI-1
作成者/Creator
亜東印画協会
出版地
大連
出版者
亜東印画協会
出版年
昭和14年7月–昭和15年12月
1939.7–1940.12
形態的記述
1 vol.
目次
,◆目次(第180回 鴨緑江岸),3
,上流にて (鴨緑江),5
,長白の街 (鴨緑江),6
,恵山鎮 (鴨緑江),7
,葛田里 (鴨緑江),8
,筏 (鴨緑江),9
,中江鎮 (鴨緑江),10
,筏流して (鴨緑江),11
,関門附近の夕映 (鴨緑江),12
,鉄砲関 (鴨緑江),13
,落葉松処女林 (鴨緑江),14
,◆目次(第181回 安奉線の景勝),15
,湯の町 (五竜背),17
,鳳凰の山麓 (鳳凰城),18
,高麗より鳳凰を (高麗門),19
,釣魚台 (釣魚台),20
,連山関附近 (連山関),21
,水車小屋 (古松子附近),22
,細河のほとり (南坆附近),23
,五本松 (長嶺附近),24
,五竜川 (沙河鎮),25
,渡し船 (太子河),26
,◆目次(第182回 東辺道),27
,通化城門 (東辺道),29
,通化市街 (東辺道),30
,通化橋 (東辺道),31
,通化公園 (東辺道),32
,渾江 (東辺道),33
,五道江 (東辺道),34
,五道江附近 (東辺道),35
,老嶼途上 (東辺道),36
,老嶺にて (東辺道),37
,山中の温泉 (東辺道),38
,◆目次(第183回 東辺道(二)),39
,臨江下瞰 (臨江),41
,臨江門 (臨江),42
,国境の町 (臨江),43
,江岸の碼頭 (臨江),44
,銃眼のあと (臨江),45
,鴨緑江を隔て (臨江),46
,東辺道の山容 (臨江附近),47
,煙筒溝附近 (臨江附近),48
,大栗子溝 (臨江附近),49
,葉煙草売り (臨江),50
,◆目次(第184回 奉天の旧蹟),51
,東陵隆恩門 (奉天),53
,碑楼 (奉天・東陵),54
,隆恩殿 (奉天・東陵),55
,大理石の石階 (奉天・東陵),56
,明楼と宝城 (奉天・東陵),57
,石門 (奉天・東陵),58
,皇寺前の牌楼 (奉天),59
,嗎哈噶喇楼 (奉天・皇寺),60
,法輪寺本堂 (奉天),61
,白塔 (奉天・法輪寺),62
,◆目次(第185回 回々教),63
,清真寺本堂,65
,清真寺大殿,66
,礼拝,67
,清真寺の月楼,68
,月楼の尖頭,69
,沐浴,70
,回々教徒,71
,回教徒の門構,72
,回教中学校,73
,回教徒の飯店,74
,◆目次(第186回 安邑と運城附近――山西省――),75
,山西塩池 (山西省),77
,塩硝 (山西・塩池),78
,塩水汲み (山西・塩池),79
,運城の楼門 (山西省),80
,運城の町 (山西省),81
,古都安邑 (山西省),82
,安邑県 (山西省),83
,塩池神殿 (山西・運城),84
,塩池神殿中庭 (山西・運城),85
,舜帝弾琴所 (山西・運城),86
,祭竃,87
,春聯書き,88
,紙鳶,89
,門神,90
,歳の市,91
,買物に,92
,春近し,93
,祭壇,94
,元旦詣り,95
,爆竹,96
,◆目次(第188回 北満浅春),97
,冬林疎影 (北満),99
,先住の移民部落 (北満),100
,氷上を往く (北満),101
,馬宿 (北満),102
,暮近し (北満),103
,せんたく (北満),104
,広場の市 (北満),105
,城壁の崩れ (北満),106
,幌馬車の列 (北満),107
,雪の鏡泊湖 (北満),108
,◆目次(第189回 泰山――山東省――),109
,岱廟より泰山を (泰山),111
,登山 (泰山),112
,十八連盤難路 (泰山),113
,御帳坪の瀑 (泰山),114
,獅子峯 (泰山),115
,南天門附近の宿房 (泰山),116
,日観峯 (泰山),117
,碧霞元君廟 (泰山),118
,泰山頂の無字碑 (泰山),119
,泰山々頂から (泰山),120
,芝罘の港 (芝罘),121
,小蓬莱から (芝罘),122
,煙台山 (芝罘),123
,威海衛の灯台 (威海衛),124
,威海衛城門 (威海衛),125
,登州の皷楼 (登州),126
,竜口の町 (竜口),127
,栄成市街 (栄成),128
,帆を繕ふ (栄成),129
,山東角の潮,130
,◆目次(第191回 済南(山東省)),131
,済南鳥瞰 (済南),133
,大明湖の夏 (済南),134
,鉄公祠 (済南),135
,竜洞寺 (済南),136
,千仏山 (済南),137
,黄河の鉄橋 (灤口),138
,灤口碼頭 (済南),139
,渡し船 (済南),140
,村の葬式,141
,黒河の船 (灤口),142
,◆目次(第192回 蒙古風景),143
,草原の朝 (蒙古),145
,罌粟の花 (蒙古),146
,沙丘はつゞく (蒙古),147
,草原の廟 (蒙古),148
,蒙古の女 (蒙古),149
,蒙古包の組立 (蒙古),150
,蒙古包の内部 (蒙古),151
,牛糞を拾ふ (蒙古),152
,水を求めて (蒙古),153
,草原の夕 (蒙古),154
,◆目次(第193回 包頭と五原――蒙疆――),155
,塞外の町 (包頭鎮),157
,土城は古りて (包頭鎮),158
,陸の運搬機関 (包頭・南海子),159
,河畔の夕映 (包頭・南海子),160
,船人の夕餉 (包頭・南海子),161
,唄を聴く群 (包頭・南海子),162
,馬糞の乾燥 (五原),163
,草原の馬宿 (五原街道),164
,馬上の王様 (五原街道),165
,烏拉山遠望 (五原),166
,◆目次(第194回 喇嘛教――東蒙――),167
,山中の喇嘛廟,169
,喇嘛廟内殿,170
,大喇嘛,171
,野外の法要,172
,法要の供物,173
,喇嘛廟の舞台,174
,百万遍,175
,喇嘛僧の盛装,176
,喇嘛僧と僧房,177
,法灯,178
,◆目次(第195回 看板集(一)),179
,招牌の始まり,181
,現物看板,182
,刷毛屋の店先,183
,金銀飾屋,184
,トーテム看板,185
,宝竜,186
,竜頭の標竿,187
,冥衣舗,188
,田舎の旅舎,189
,文字看板,190
,◆目次(第196回 紹興(浙江省)),191
,水都紹興 (紹興),193
,紹興全景 (紹興),194
,迎恩門 (紹興),195
,古城の跡 (紹興),196
,東浦の酒郷 (紹興),197
,大禹の廟 (紹興),198
,府山の望海亭 (紹興),199
,三江閘の大東橋 (紹興),200
,会稽山を望む (紹興),201
,鵜飼ひ (紹興),202
,◆目次(第197回 景徳鎮の窯――江西省――),203
,景徳鎮の窯 (景徳鎮),205
,練泥 (景徳鎮),206
,做坯 (景徳鎮),207
,成坯 (景徳鎮),208
,印坯 (景徳鎮),209
,画坯 (景徳鎮),210
,蕩泑 (景徳鎮),211
,焼窯 (景徳鎮),212
,鉢の山 (景徳鎮),213
,庭先き (景徳鎮),214
権利管理/Rights
二次利用(出版物やウェブサイトへの掲載、放映等)の際には、http://www.toyo-bunko.or.jp/MailForm/tbmailform.php?tg=libからお問い合わせ下さい。
所有者/owner
東洋文庫
アイテムセット