亜細亜大観 第1冊 [1輯]

アイテム
タイトル
亜細亜大観 第1冊 [1輯]
資源識別子/Identifier
346e0dd7-eb4f-7df7-c18e-9046953b0832
請求記号/CallMark
JXI-2
作成者/Creator
亜細亜写真大観社
出版地
大連
出版者
亜細亜写真大観社
出版年
[大正13年-大正14年]
[1924-1925]
形態的記述
1 vol.
目次
,正金銀行支店 (大連),3
,朝鮮銀行支店 (大連),4
,警察署 (大連),5
,児童,6
,売卜者,7
,餅売,8
,埠頭待合所 (大連),9
,ヤマトホテル (大連),10
,星ヶ浦ヤマトホテル (大連),11
,電気遊園 (大連),12
,阿片,13
,埠頭事務所 (大連),14
,満鉄本社 (大連),15
,民政署市役所 (大連),16
,日本橋 (大連),17
,浪速町 (大連),18
,露西亜町埠頭 (大連),19
,西公園 (大連),20
,黄鳥飼,21
,旅芸人,22
,農家,23
,老翁,24
,水師営会見所 (旅順),25
,麻雀(まー ちやん),26
,老虎灘(らう こ たん),27
,表忠塔 (旅順),28
,水源地 (大連),29
,星ヶ浦 (大連),30
,埠頭船車連絡 (大連),31
,大広場 (大連),32
,金州城,33
,東鶏冠山北砲塁 (旅順),34
,閉塞隊記念碑 (旅順),35
,旅順博物館,36
,工科大学 (旅順),37
,竜王塘水源地,38
,支那芸者,39
,囃し,40
,乞食 (大連),41
,鋳掛師,42
,支那木挽,43
,望児山 (熊岳城),44
,孔子廟 (金州),45
,豚饅頭製造所,46
,小平島,47
,大和尚山,48
,紛条子(支那素麺),49
,普蘭店の塩田 (関東州),50
,青竜山の喇嘛洞,51
,高粱の取入れ,52
,古墳 (遼陽),53
,白菜の山,54
,魁星楼 (海城),55
,観音寺の僧 (遼陽),56
,支那の女優,57
,老婆と孫 (南満),58
,大石橋戦跡,59
,海城の城壁 (南満),60
,輾子と磨,61
,大石橋全景,62
,機織,63
,(解説文なし),64
,白塔 (遼陽),65
,首山,66
,雪の五仏頂 (千山),67
,大孤山鉄鉱区,68
,竜泉寺 (千山),69
,千山の絶景,70
,青雲観 (千山),71
,千山普安観,72
,支那美妓,73
,東陵の楼門 (奉天),74
,東陵の祭殿 (奉天),75
,支那の公園 (奉天),76
,満洲の冬,77
,烏拉草 (北満),78
,山楂売,79
,大法寺の仁王 (奉天),80
,観音寺の僧 (遼陽),81
,羊飼ひ,82
,埠頭の壮観 (大連),83
,大豆の囤積 (開原),84
,馬宿 (開原),85
,蒙古の王様,86
,剃刀的,87
,玩芸(ワン エイ),88
,篭子,89
,鳳凰山観音閣 (安奉線),90
,田舎路 (安奉沿線),91
,蝎,92
,沙漠に転がる骸骨 (蒙古),93
,支那の上流家庭,94
,吸水煙,95
,支那農家の井戸,96
,天地仏 (奉天),97
,北陵の中庭 (奉天),98
,露天掘 (撫順炭坑),99
,営口埠頭,100
,支那街所見 (営口),101
,胡弓の名手,102
,北海の瓊華島 (北京),103
,万寿山の廻廊 (北京),104
,弓橋 (北京),105
,正陽門の箭楼 (北京),106
,天壇 (北京),107
,竜王島 (北京),108
,景山 (北京),109
,農家の春,110
,摘草,111
,種蒔,112
,家庭用具 (蒙古),113
,堆石(オボ) (蒙古),114
,堆石(オボ) (蒙古),115
,唐克里廟 (蒙古),116
,唐克里廟 (蒙古),117
,洮南の薩鶏街茅土 (蒙古),118
,松花江の筏 (吉林),119
,農夫 (北満),120
,石棚(ドルメル) (普蘭店),121
,松花江の渡船 (吉林),122
,御大典紀念附録 満洲里風景 露支国境,123
ページ送り方向
right-to-left
権利管理/Rights
二次利用(出版物やウェブサイトへの掲載、放映等)の際には、http://www.toyo-bunko.or.jp/MailForm/tbmailform.php?tg=libからお問い合わせ下さい。
所有者/owner
東洋文庫
アイテムセット