亜細亜大観 第8冊 [8輯1回‐8輯12回]

アイテム
タイトル
亜細亜大観 第8冊 [8輯1回‐8輯12回]
資源識別子/Identifier
a755c195-bf6a-6c13-f4c7-7790ebdfbddd
請求記号/CallMark
JXI-2
作成者/Creator
亜細亜写真大観社
出版地
大連
出版者
亜細亜写真大観社
出版年
[昭和6年]‐昭和7年5月
[1931]‐1932.5
形態的記述
1 vol.
目次
,《目次》蘇州 その二,3
,《記事》蘇州と日本人,4
,江南新水景 (蘇州),5
,秋空を突く (蘇州),6
,黒甍白壁 (蘇州),7
,名もない庭 (蘇州),8
,甍は落ちたれど (蘇州),9
,滄浪古亭 (蘇州),10
,呉王の眠る丘 (蘇州),11
,采香径の朝 (蘇州),12
,山境清閑 (蘇州),13
,葉は落ちたれど (蘇州),14
,《記事》仏塔の話〔村田治郎〕,15-16
,《記事》詩に歌はれた蘇州風俗〔断々生〕,16-17
,《記事》蘇州の今昔〔夏玲和〕,17
,《記事》蘇州の五人男〔巌徹〕,18
,《目次》杭州 その一,19
,《記事》杭州を語る,20
,葛嶺より西湖を (杭州),21
,塔の有る風景 (杭州),22
,白堤の朝 (杭州),23
,名妓の名を (杭州),24
,雲棲竹林 (杭州),25
,霊隠山雲林寺 (杭州),26
,羅漢群像 (杭州),27
,これも霊隠寺にて (杭州),28
,練丹の故址 (杭州),29
,石洞の彫刻 (杭州),30
,《記事》西湖と白楽天(上),31-32
,《記事》岳飛の最期〔巌徹〕,32-33
,《記事》江南畸談集〔徐晃陽〕,33-34
,《記事》杭州盛観〔周嗣培〕,34
,《記事》編輯後記,34
,《目次》杭州 その二,35
,《記事》杭州と文化,36
,漁舟投網 (杭州),37
,湖畔の明るさ (杭州),38
,街のカフェー (杭州),39
,弧山を越えて (杭州),40
,画舫新旧 (杭州),41
,観音慈祥 (杭州),42
,山寺清閑 (杭州),43
,飛来峰塔 (杭州),44
,清泉観魚 (杭州),45
,岳王墳墓 (杭州),46
,《記事》西湖と白楽天(下),47
,《記事》西湖観感〔沙人〕,48
,《記事》西湖と詩人〔XYZ〕,49-50
,《記事》猪精〔甲斐不語子〕,50
,《目次》杭州 その三,51
,《記事》杭州と西湖,52
,山寺清閑 (杭州の雲棲寺),53
,塵外の茶場 (杭州),54
,山寺の秋 (杭州大慈定慧寺),55
,秋流れ行く (杭州の五雲山),56
,松籟を輓歌に (杭州の納棺所),57
,断橋を中心に (杭州),58
,飲食店に見る (杭州),59
,弧山公園 (杭州),60
,茶館にて (杭州),61
,放鶴の跡 (杭州),62
,《記事》支那の風景を見つゝ〔XYZ〕,63-64
,《記事》艶劇「遊西湖」物語〔石敢当〕,64-66
,《記事》杭州遊記の一節〔周痩鵑〕,66
,《目次》喇嘛廟の祭,67
,《記事》喇嘛教と蒙古人,68
,漢民族化した蒙古 (定住蒙古人),69
,祭に向ふ人々 (蒙古人),70
,廟に集りて (蒙古人),71
,喇嘛の館 (蒙古),72
,廟前の群集 (アガイ廟祭),73
,祭典は始る (アガイ廟),74
,蒙古の王様 (内蒙古),75
,蒙古人の顔 (内蒙古),76
,沙漠の苦行 (内蒙古喇嘛僧),77
,街頭の苦行 (内蒙古喇嘛僧),78
,《記事》宣言,79
,《記事》蒙古民族の近状〔夏玲和〕,79-80
,《記事》移動する家の功績〔村田治郎〕,80-81
,《記事》蒙古相撲に就ての小話〔小林胖生〕,82
,《目次》蒙古(一),83
,《記事》蒙古を見る眼,84
,蒙古包にて (内蒙古蒙古包),85
,宿場を求めて (満洲里より呼倫池へ),86
,物々交換 (内蒙古),87
,昿原の面影 (内蒙古),88
,大喇嘛の墓 (内蒙古),89
,遊牧の民と (内蒙古),90
,地の神の祠 (内蒙古の鄂博),91
,道祖神(一) (内蒙古モリン廟),92
,道祖神(二) (内蒙古モリン廟),93
,町に出た蒙古人 (内蒙古海拉児[海拉爾]),94
,《記事》移動する家〔村田治郎〕,95-96
,《記事》鄂博の話〔小林胖生〕,96-98
,《記事》次号予告 蒙古(その二),98
,《目次》蒙古(二),99
,《記事》ブリヤート人に就て,100
,朔北の風 (内蒙古),101
,風に震ふ魔除け (東蒙古モリン廟),102
,昿原の人の家 (内蒙古),103
,牛糞の山 (東蒙古),104
,揺籃にて (東蒙古),105
,駱駝の牽く車 (海拉爾),106
,忘れられた民族 (於海拉爾ブリヤート族),107
,昿野の大湖 (内蒙古ダライノール),108
,農耕への進み (内蒙古ケルン川),109
,沙漠の漁場 (内蒙古ケルン川),110
,《記事》宣言,111
,《記事》蒙古民族の近状〔夏玲和〕,111-112
,《記事》移動する家の功績〔村田治郎〕,112-113
,《記事》蒙古相撲に就ての小話〔小林胖生〕,114
,《目次》洮昂線,115
,《記事》泰来、昂々渓、斉々哈爾,116
,土壁の城門 (泰来),117
,北満の開拓者 (泰来),118
,村の発達 (泰来),119
,結氷近き嫩江 (嫩江),120
,平原駅舎 (昂々渓),121
,思ひ出の旅館 (昂々渓),122
,斉々哈爾と言ふ所 (斉々哈爾),123
,残された沃野 (斉々哈爾),124
,雪の山路 (興安嶺),125
,薪を焚く汽車 (東支鉄道),126
,《記事》東部内蒙古 タブスノールの天然ソーダ〔岡崎直喜〕,127-128
,《目次》葫芦島と錦州,129
,《記事》葫芦島築港問題,130
,紀念碑に見よ (葫芦島),131
,工場に見る規模 (葫芦島),132
,港の全貌を見る (葫芦島),133
,南港防波堤 (葫芦島),134
,築港工事風景 (葫芦島),135
,北湾は凍る (葫芦島),136
,南湾の冬 (葬芦島[葫芦島]),137
,日章旗の錦州 (錦州),138
,関帝廟の猿像(一) (錦州),139
,関帝廟の猿像(二) (錦州),140
,《記事》猿像に就ての話〔小林胖生〕,141-142
,《記事》羊の話-蒙古の羊-,142
,《目次》資源の満蒙 大豆の巻,143
,《記事》満洲と大豆,144
,耕耘は始る (満洲),145
,種播き (満洲),146
,除草の笠々 (満洲),147
,収穫の庭 (満洲),148
,先づ糧桟に (満洲),149
,混保の検査に (満洲),150
,広場を埋むる山 (満洲),151
,油房の構内に (満洲),152
,豆粕となりて (満洲),153
,豆粕も混保に (満洲),154
,《記事》満洲大豆,155-156
,《目次》奉天,157
,《記事》奉天新点描,158
,街の発達に見る (奉天),159
,城門の武備 (奉天),160
,城壁の近代風景 (奉天),161
,街の洋式化 (奉天),162
,看板も新に (奉天),163
,新国旗の下に (奉天),164
,旧盛京片影 (奉天),165
,城の監視者 (奉天郊外),166
,街のオブザーバー (奉天ヤマトホテル),167
,春を待つ心 (奉天),168
,《記事》事件以来の奉天の回顧〔邱隆三〕,169-170
,《目次》哈爾浜,171
,《記事》哈爾浜,172
,哈爾浜の鳥瞰,173
,哈爾浜市街,174
,哈爾浜停車場,175
,靴みがき (哈爾浜),176
,パンを売る人 (哈爾浜),177
,旧教寺院 (哈爾浜),178
,志士の碑 (哈爾浜),179
,公園情景 (哈爾浜),180
,松花江 (哈爾浜),181
,漂浪の唄 (哈爾浜),182
,《記事》哈爾浜市の概況,183
,《記事》哈爾賓[哈爾浜]夜話,184
ページ送り方向
right-to-left
権利管理/Rights
二次利用(出版物やウェブサイトへの掲載、放映等)の際には、http://www.toyo-bunko.or.jp/MailForm/tbmailform.php?tg=libからお問い合わせ下さい。
所有者/owner
東洋文庫
アイテムセット